【初心者必見】ふるさと納税を今すぐに始めるべき理由を徹底解説

【初心者必見】ふるさと納税を今すぐに始めるべき理由を徹底解説
こんにちわ。Chanです。
ふるさと納税はお得!という声は聞くものの、最初の一歩が踏み台せない…
私もそうでしたが、始めてみると、意外に楽なんだ!と感じました。
そこで、ふるさと納税を今すぐに始めるべき理由を解説させていただきます。
Chan母
Chan母

腰が重くてまだ始められてないんだけど、ふるさと納税ってそんなにやった方がいいの?

Chan
Chan

ぜっっったい今すぐ始めるべきだよ!その理由を解説するね!

ふるさと納税を今すぐにやるべき理由

  • 自己負担額2,000円で返礼品が受け取れる
  • ふるさと納税の計算は12月でリセットされる
  • 寄附をしても時期によっては返礼品がすぐに届かない
  • そもそも寄附ができない場合がある

自己負担額2,000円で返礼品が受け取れる

Chan母
Chan母

自己負担額って何??

Chan
Chan

言葉通り実質的に自分で負担する金額ってことよ。

Chan母
Chan母

どういうこと??

Chan
Chan

例えば、3万円寄附して、所得税と住民税が2万8千円安くなれば、

差し引き2千円が自己負担になるでしょ??

Chan母
Chan母

それじゃあ、2千円分損しちゃってるの??

Chan
Chan

いいえ、返礼品が自治体から貰えるから損にはならないわ。

自治体は返礼品の調達額を寄附額の3割以下にしないといけないから

3万円の寄附だと最大9千円分の価値の返礼品が貰えるわ。

だから、7千円分得した事になるわよ。

ふるさと納税限度額以下の寄附額であれば、自己負担額は2,000円

自己負担額が2,000円となる寄附額は所得によって決まり

所得が高ければ高いほど、自己負担額が2,000円となる寄附額は大きくなります。

例えば、扶養がいない方だと、給与収入が200万円の人は、1万5千円

給与収入が500万円の人は6万円といったように収入によって変わります。

所得税と住民税合わせて「寄附額ー2,000円」の税額が安くなる

例えば、3万円寄附を行うと、所得税と住民税が2万8千円分が安くなって計算されます。

3万円寄附をしたから2万8千円分が住民税から控除されると思う方がいらっしゃいますが、

所得税と住民税の両方から安くなる税額が「寄附額−2,000円」となることに留意してください。

ワンストップ特例制度を適用している場合は、住民税のみから控除がされます。

ふるさと納税の計算は12月でリセットされる

Chan母
Chan母

ふるさと納税はいつからいつまでに寄附した分が控除対象となるの?

Chan
Chan

1月1日から12月31日までに寄附をした分が1年間分として計算されるわ。

ふるさと納税の締日は12月31日

ふるさと納税は1月1日から12月31日までの間に寄附を行った金額で税金の計算をします。

そのため、1月からふるさと納税を始めてしまうと、昨年1年間分のふるさと納税ができるタイミングを逃してしまうことになります。

寄附をしても時期によっては返礼品がすぐに届かない

12月は寄附が集中する

上記の理由にもある通り、毎年12月に寄附が集中し、返礼品が到着するまで4ヶ月もかかったこともあります。

そのため、この時期にこの返礼品が欲しい!という希望がある際は、早めに寄附を行っておく必要があります。

そもそも寄附ができない

人気がありすぎて返礼品は寄附ができない

人気のある返礼品は、希望者が殺到し、そもそも寄附の受付を終了してしまう場合があります。

余裕を持って、希望する商品があった際はすぐにチェックしてみましょう。

今すぐふるさと納税を始めるべき理由まとめ

  • 自己負担額2,000円で返礼品が受け取れる
  • ふるさと納税の計算は12月でリセットされる
  • 寄附をしても時期によっては返礼品がすぐに届かない
  • そもそも寄附ができない場合がある

本日は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

今日からふるさと納税を始めて、楽しいふるさと納税ライフを一緒に送っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA